ゴマパワー

セサミンで翌日に疲れが残らない

10代や20代の頃は翌日に疲れが持ち越されるケースは少ないといえますが、年齢を重ねていくうちに疲れが残るようになっていきます。
原因としては、老化や慢性的な疲労が多いといえますが、なぜこのような現象が起こってしまうのでしょうか。

それは、大量に発生した活性酸素のせいで肝臓の機能が低下したことが関係しています。


肝臓は、栄養を分解したり解毒を行う他、胆汁を作る機能を備えている臓器ですので、
体内にできた不要な活性酸素を酵素によって除去し内臓やあらゆる器官が傷つかないようサポートしてくれます。

しかし、活性酸素の処理が許容範囲を超えてしまうと肝臓に活性酸素が溜まり始め、徐々に疲れが残るようになっていくのです。
また、疲れている時やストレスが溜まっている時に限ってアルコールを摂取したくなるものですが、そうなると肝臓はアルコールを分解するために更に働くことになるため、体調不良やだるさが悪化していきます。


体調が優れない時にアルコールを摂取すると二日酔いが酷くなったり、悪酔いしてしまうのは、
肝臓が悲鳴を上げている状態ということです。

このような状況を阻止するためには活性酸素を早急に除去する必要がありますが、その際に是非活用していきたいのがセサミンです。
セサミンは活性酸素を除去する働きがある他、肝臓を保護する効果も持ち合わせています。


ですから、毎日10mg程度摂取し続けることにより少しずつ肝臓の負担が軽減され、活性酸素が除去されるだけではなく疲労が翌日に残らないようになるのです。

とはいえ、普段の食生活が乱れていたり十分な睡眠時間を確保することが出来ていない場合は、
セサミンの効果を実感することが難しくなってしまいます。

特に睡眠時間が不足している場合は、体の再生がスムーズに行われませんのでセサミンを活用してもなかなか疲れが抜けないといったことになりかねません。
以上のことから、翌日に疲れを持ち越さないためにはセサミンの有効活用が適しているといえますが、
生活習慣や食生活も併せて改善していかなければ、効果を実感することは難しいということになります。
セサミンのサプリメントhttp://www.lotoclub.jp/sapurimennto.htmlはあくまでも補助してくれるだけなので基本となる正しい生活リズムになるように不摂生を改善しましょう。

http://www.esib.jp/Recovery.htmlにもセサミンの疲労回復効果についての解説が載っていますので、ご覧ください。

Copyright(C) 2013 誰にでも効果的なサプリメント All Rights Reserved.