ゴマパワー

酒を飲み過ぎたらセサミン

社会人になると、お酒を飲む機会が増えていきます。
元々お酒が好きな人であればそれほど苦痛ではないかもしれませんが、お酒に強くない人は、少量でも二日酔いになってしまい、翌日苦痛な1日を過ごすことも少なくありません。

また、ストレス解消のために飲む人や元々お酒が大好きで大量に飲む人は、寝ている間に肝臓がフル稼働することから、倦怠感が抜けなかったり、翌日もお酒が残ってしまうこともあるといえます。


そのような時に、よく取り入れられているのはウコンです。
しかし、専門家によってウコンの効果には賛否両論があり、
アルコールの分解や肝臓の保護に役立つといった科学的な根拠はないともいわれています。

また、ウコンを摂取する量が体質に合わなかったり摂取するタイミングを間違ってしまうと
二日酔いや体調不良を引き起こすこともあるようです。

そこで、科学的根拠もあり肝臓を保護する機能があるといわれている、セサミンの利用をおすすめします。


肝臓は、アルコールを分解する際、活性酸素を発生させます。
この活性酸素は、適度な量であればウィルスや細菌を退治してくれるため大変役立つ存在なのですが、
量が増えてしまうと内臓などのあらゆる臓器を傷つけるだけではなく、病を引き起こすきっかけを作る恐ろしい存在へと変化してしまいます。

その点、セサミンは不要な活性酸素を除去する働きがある他、細胞の再生や新陳代謝を助けてくれるため、お酒を飲み過ぎた際に取り入れると大変効果的です。


また、セサミンの場合他の栄養素とは違い、胃では吸収されません。

肝臓へ来て初めて吸収される、非常に珍しい栄養素なのです。
肝臓は、アルコールだけに限らず老廃物や毒素なども分解していますので、セサミンによって肝臓が元気になると、体内全体が元気を取り戻すきっかけともなるといわれています。

このように、ダイレクトに肝臓へ働きかけることができるセサミンは、お酒の席で大活躍すること間違いなしですので普段から継続して摂取していくことをおすすめします。

↑にもセサミンとお酒との関係について解説されています。

Copyright(C) 2013 誰にでも効果的なサプリメント All Rights Reserved.