ゴマパワー

中性脂肪が気になる人はセサミン

動脈硬化を招いてしまうといわれている中性脂肪は、脳卒中や心臓病などの疾患を引き起こす原因となることから生活習慣や食生活の改善が必要だといわれています。

そもそも中性脂肪とは肝臓の中で作られる脂質の仲間といわれており、
中性脂質、リン脂質、糖脂質、ステロイドの4種類のことを指します。

これらは体内でブドウ糖が足りなくなってきた際に活用され、体の活動を支えてくれるものですが、
アルコール過多、暴飲暴食、肥満、運動不足などが重なると、必要以上の中性脂肪が増えてしまうのです。


その結果、血液中に中性脂肪をはじめコレステロールなどの物質が増えてしまい、動脈硬化が進行していきます。
一番の対応策は、アルコールを控えて体を動かすようにし、生活習慣や食生活の改善を図ることとなりますが、併せて中性脂肪を下げる働きがある食品を摂取していくと良いでしょう。


特におすすめなのは、セサミンです。

一般的に知られているのはゴマの中に含まれている成分の1つということですが、あらゆる研究の結果から、セサミンには動脈硬化を防ぐ効果ある他、肝臓の機能をサポートする力があることが分かっています。

また、肝臓の働きをサポートする際、中性脂肪が合成されるのを防いでくれますので、中性脂肪やコレステロールを低下させるにも役立つのです。

それだけではなく、血液をサラサラにしたり新陳代謝を高める作用もあることから、健康な体を取り戻すために欠かすことができない栄養素といっても過言ではないということになります。


とはいえ、セサミンを摂取する際は1点注意したいことがあります。

それは、ゴマや麦、お米から摂取するのではなく、サプリメントを活用するということです。

ゴマから摂取する場合、硬い皮がセサミンの吸収率を下げてしまうため、すり潰してから摂取しなければなりませんし、
麦やお米に関しては、精米した時点でほとんどのセサミンを失ってしまうからです。
また、ゴマの半数以上は脂質で作られており大変高カロリーですので、摂取し過ぎてしまうと逆効果になります。
ですから、セサミンのサプリメントを使用し、中性脂肪の低下に役立てることをおすすめするのです。

Copyright(C) 2013 誰にでも効果的なサプリメント All Rights Reserved.